【新型コロナウイルス】拡大で変化したカナダ留学生やワーホリ滞在者の状況

世界中で増え続けている新型コロナウイルス (COVID-19)の感染者。カナダに留学中や、これから渡航予定の方々は今後どうするか迷っている方も多いと思います。今のところカナダは外国人は入国禁止となっていますが、実際に現地はどのような状態になっているのでしょうか。

仕事がなくなっている

現在カナダでは不要不急の外出を自粛するように言われていて、行動が制限されいる状態です。レストランや美容室などの飲食・サービス業は営業ができなくなり、たくさんの従業員が解雇されました。まだ先が見えないのでどうなるかわかりませんが、今年ワーホリでカナダへ行く予定にしていた方はまだ日程を決めずに様子をみた方がいいでしょう。もし長期間にわたりボーダーが閉鎖されたままの場合は2020年度発行済みのワーホリビザがどうなるのかも気になるところです。こちらはわかり次第お知らせします。

学校が休校になった

学生たちはいつ学校へ戻れるのかまだわからない状態です。最悪の場合、3学期は学校に戻ることなく年度終了で夏休みということも考えられます。大学では寮まで閉鎖になっているところもあり、留学生は自国へ戻ることを勧められている所もあるようです。オンライン授業に切り替える学校も増えてきています。

ビザの手続きなどの遅れ

有効なビザを所持していても、今はカナダ国籍、永住権保持者以外はカナダ入国が許可されていません。カナダ国内でも他のビザへ切り替えを予定していた方が、この状況下で手続きが出来ないままになっています。今後ビザの発給の一時中止、延滞などが予想されます。

日常生活では、社会的距離を置くソーシャルディスタンシングが命じられていて、出来るだけ自宅から出ないこと、外出の際は他人との距離を最低でも2m開けることになっています。多くの人が集まるイベントも集会も禁止。外出が制限され始めてからは特に保存食やトイレットペーパーなどの買い占めが目立つようになり、物によっては値段が上がってきている様子も見られます。せっかくカナダに来ているのに、こんな状態で生活していても意味がないと急遽帰国を早めている学生やワーホリの方も少なくないようです。

まだしばらくはこの状況が続きそうですが、早く終息して普通の生活に戻れるようになってほしいものです。

by Satsuki

Scroll to Top